FC2ブログ

■里芋を保存するには

里芋を掘り出しました。

寒さを避けるために土の中に埋めて置いて、畑に植えつけるために、掘り出したのです。

結果はかなり失敗。

なんとなく掘って、なんとなく土をかけるだけではやはり駄目なのです。

しかも実は植えっぱなしだったりしました。

来シーズンは、高台に土地も出来たのでリベンジです。
スポンサーサイト

■2019/4/18の管理栄養士監修!旬の野菜セットは

2019/4/18の管理栄養士監修!旬の野菜セットは
かぶ
のらぼう菜
ミニにんじん
ほうれん草
葉にんにく
長ねぎ
長芋
 でした

葉にんにくも、そろそろ終了です。

たくさんあるときは豪華に煮付けてみたり、炒めたりと使っていたけれど、あとわずかとなると名残惜しく、しょう油に漬けたのです。

が、くせになってしまい、すぐに食べ切ってしまったのです。

次に、にんにくをお届けできるのは、にんにくの芽の予定ですが、時期が本当に短く、ちょうどよくお届けできるかちょっと心配です。

■天気予報の精度

苗を植えつけました。

しばらく雨が降っていなかったので、土はパサパサ。

家からタンクで水を運び、じょうろで水やりをしていました。

そこに、天気予報で雨マークが。

最近の天気予報は、一時間ごとの予報まで出ています。

午前中から始めて、あと少しというところで雨が降ってきました。

「5時まで降らないって言っていたのに…。」と悪態をつきながら、かっぱを着て作業を続けましたが、時刻は午後3時過ぎ。

ほぼ誤差はないといってよいでしょう。

今の科学技術はすごいです。

私たちの予報技術はいまひとつです。

■~のらぼう菜~2019/4/11の管理栄養士監修!旬の野菜セットは

2019/4/11の管理栄養士監修!旬の野菜セットは
のらぼう菜
わさび菜の菜の花
わけぎ
ほうれん草
ケール又は
ミニブロッコリー
切干大根
長芋
 でした


今までは、アートグリーンがそうま農園の菜の花最終ランナーでしたが、今年は、のらぼう菜がしんがりを務めそうです。

苦味がなく、くせもないのでごま和えからマヨネーズ和えなど和で洋でも、調理法も下茹で無しで炒め物や卵スープやみそ汁など汁物の具にも向きます。

菜の花の仲間は、芯を摘むと脇から次々に芽が出てきて何度か収穫できます。

しばらくお届けできそうです。

■ポケットに種を

夏野菜の種を蒔いています。

現代農業という本に「種の蒔きかた」という特集がありました。

多くの農家の方が、「現代農業は9割がた嘘っぱちだ~」といいます。

という事は、多くの農家の方が長く読んでいる雑誌でもあります。

その中に、種はお腹にいれておく、と出ていました。

そうま農園、笑われながら、この時期になるとポケットに、なすやトマトなど夏野菜の種を入れています。

電気カーペットのような温床という、種を蒔いたポットを並べる装置がないためなのですが、お墨付きを頂いたようでちょっと安心です。

プロフィール

soma2013

Author:soma2013
千葉県我孫子市で、夫婦で新規就農しました。
農薬を使わず、有機質の肥料で年間100種類ぐらいの野菜を栽培できたらなあと、日々試行錯誤しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR